So-net無料ブログ作成
検索選択

風の角度読み① \(^o^)/ [攻略]

今回は、パンヤの永遠のテーマである、角度読みについて書こうと思います!


まず、角度読みの重要性について。


そもそも、角度が読めないと、データが取れません!


たとえば、 データを取ったとき 真横から7度だったとし、
その上で打ってみたら 1.0y 横にずれたとします。


しかし、これでは真横から7度の場合のデータになってしまうので、 完全なる真横のデータとは言えません。

ゆえに、この場合は 1.0y/cos7 ≒ 1.0y / 0.993 ≒ 1.008y

より、 1.008y が正確な真横データということになります。


また、角度がわからないと、そもそも計算が成立しません!

強風においては1度単位の正確さが求められるこのゲームで、角度が曖昧だと計算をしたところで、
計算が間違ってるのか、補正が間違ってるのか、着弾点バグが発生してるのか、 そもそも元となるデータが間違ってるのか、
どの問題のせいで外したのか判別できません!\(^o^)/




では、どうやって角度を測ればいいのだろうか?



このブログでは3つの方法(実質2つ)を載せようと思いますので、



そのうちのまず1つ目を紹介しようと思います




円.jpg


この円は、円周が 2πr により、

2×π×233y ≒ 2×3.14×233 = 1463.24y

よって、 1463.24y ということがわかりました!


つまり、 これを 360で割ると

1463.24÷360 = 4.06y

で、 4.06y ということになります


これを意味することは、 4.06y ずれるたびに、1度ずれるということです。


ちなみに、実践ではこんな計算してられないので、あらかじめ暗記しておきます

[残り飛距離]    [1度あたりのヤード]
  170     =     2.97y
  180     =     3.14y
  190     =     3.32y
  200     =     3.49y
  210     =     3.67y
  220     =     3.84y
  230     =     4.01y
  240     =     4.19y
  250     =     4.36y
  260     =     4.54y


*2013/2/3 追記
100yでの1度あたりの距離= 100×2×π÷360 ≒ 1.745ヤード ≒ 5.38ゲージ ≒ 193.6pix

これだけ覚えておけば、わざわざ各ヤードに対する1度あたりのずれを覚える必要ありません
つまり、もし、残り飛距離240ヤードの1度を求めたければ、
この 1.745y に 2.4 をかけてあげれば 240ヤードに対する1度あたりのずれを求めることができます
残り飛距離310ヤードとかいう莫大な距離であっても
1.745×3.1 = 5.41ヤード ≒ 16.7ゲージ ≒ 600.2pix

といった具合で割り出すことができます





それでは、このことを応用して 次のように 角度を求めてみます!



0.jpg


この角度を読んでいきます


moka.jpg


モカずらしにより、ゲージ1メモリあたり、 約8.12y になるように調整しました

つまり、この状態で 1度=4.06なので、 0.5メモリあたり1度ずれることになります



そして 知ってる角度までずらしてみます


pangya_011.jpg


わかりやすい11度までずらしてみました! 11度の覚え方は、ナイフ状で段差がないことです!

ちなみに、ちょっと中途半端にずらしたせいで、10.5度ぐらいになってしまいましたが キニシナーイ!←


この状態で ピン位置が4.5メモリの場所にあるので、

11度 - 9度 = 2度


よってこの角度はピン位置を向けたとき、約2度だということがわかりました!



大雑把で駆け足となりましたが、 これがこの円周率を利用した角度の計り方となります!

結構有名な計り方ですね(´ω`)



この計り方の利点は、覚える角度が少なくていいのと、 細かい少数点までの角度を調べられることにあります!


しかし、メモリを合わせないといけないので、少し手間がかかるのと、

あとそもそもこの 円周/360° による 1度単位の距離が本当にその距離であってるのかがわからないため
(ゲームシステム上、その距離分ずらしたからといって、絶対にその分の角度が変化したとは言い切れない)

この方法で完全に角度をマスターできるとは、言いがたいです。


そのあたりは、自分で使ってみて、ぜひいろいろと試してみてください!(´ω`)



ちなみに文中、角度を覚えるといったことを言いましたが、
まず、基準にする角度がないと、計ろうがなにをしようが、その角度は判別できません!

ちなみに俺が覚えている角度は

6°、7°、8°、9°、10°、11°、12°、13°、14°、15°、17°、18°、37°、38°、39°、40°、41°、42°、43°、45°

(縦横は向きが違うだけで形は同じなので、必然的に
47°、48°、49°、50°、51°、52°、53°、72°、73°、75°、76°、77°、78°、79°、80°、81°、82°、83°、84° 
も覚えていることになります。)


です! 


これらの角度はとても判別しやすい特徴を持っている為、すごく覚えやすいです!

こんなにいっぱい覚えろとは言いませんが、 
少なくとも 9°、11°、15°、18°、、41°、45° あたりはすごく覚えやすいので、暗記してみることをおすすめします(´ω`)

結構有名なので、いろいろググってみたらどなたかのブログで、形の見方が紹介されてると思います!





ちなみに 自分はこの角度の計り方は行なってないので、次の 風の角度② の記事では、
自分が使っている角度の計り方について、書いていこうと思います!


では、今回はこの辺で(´ω`)ノシ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スカッとゴルフ パンヤ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。